千年桜、名工の道具。

伊藤計一写真展「千年桜の種」

久しぶりの写真展鑑賞。で、久しぶりのギャラリー冬青。実に良かった。先月の権平さんの展示を見逃してしまったので、今回は是が非でも見たかった。千年桜と、刀鍛冶や足袋職人によって長年使い込まれた道具の数々。雁皮紙に浮かび上がるイメージに惹きつけられた。見るにつれ変わりゆくものと変わらぬことがリンクしてゆく。

9番目の研師の洗い桶が好み。10番の玉鋼も素晴らしかった。

広告