写真に過信も諦観もなく

写真には過信できないところがあって、それでも諦観するほどでもない気もする。誰かの言葉を借りれば、どこまでも、「写真は写真」なのだろうか。よくわからないけど、ほろ酔いでそんなことを思った。

広告