年末年始は寝正月

あけましておめでとうございます。

個人的には本厄が終わり、後厄を迎えました。
昨年はおかげさまで良き人と出会い、良き作品にも出会うことができました。体調面が整わない期間が続いたこともあってか、もどかしいことも多く、痛し痒しで、なかなか微妙な一年でもありました。

そうはいっても、本来、微妙とは「趣深くて、極めて繊細かつ複雑で、一言では言い表せない味わいがあるさま」という意味のようです。

むしろ微妙なことが多い方が成長できるのかもしれません。振り返ってみれば、何かしらターニングポイントになった一年だった気がします。

後厄の本年は「無事之名馬」でこつこつやっていこうかな。と言いつつ、やってみたいことはいろいろあります。

体調に気を使いながら、良きお仕事をしつつ、その上で良き写真作品に出会えたらと思います。

今年はサイアノタイプに挑戦の年。それに伴って露光機作りを試みます。またほぼ一年お休みしていたモノクロ撮影と、暗室も再開したいと思います。

広告