五月女寛さんの「つつ」

恵比寿にあるFarmer’s Tableを訪れて、一目惚れした小さな器。陶芸作家の五月女寛さんの「つつ」。主にミニチュアの家のオブジェを手がける作家さんで、この「つつ」は初めての器のシリーズとのことだった。

手びねりで作られた筒型は、薄っすらと灰色で、細かな貫入模様が美しい。見ていて飽きがこない。陶器のことは詳しくないけど、たまにこういう出会いがあるのはうれしい。

今度は中目黒のMIGRATORYで個展があるよなので、ぜひオブジェ作品を拝見してみたい。

広告