熊谷聖司展「EACH LITTLE THING」@POETIC-SCAPE

ポエティックスケープの熊谷聖司展「EACH LITTLE THING」。同タイトルの写真集を10冊まで出版するプロジェクトで、今回で7と8が上梓された。

デザイナーの高橋健介さんに編集を一任して、熊谷さんはあまり干渉しないというスタイルをとっている。3.11以降「わたしの欲望とは何か」というテーマのもと自問自答する試み。

もちろん誰が編集しようとも熊谷さん自身が反応して撮影したものには変わりはない。でも編集の及ぼす影響は大きい。特に写真は編集いかんによっては、見え方はがらりと変わる。撮影者と編集者との信頼関係があればこそだろう。

まあ、そんなプロジェクトの前提を知らなくても、熊谷さんの写真が魅惑的なのは間違いない。おもねらず、突き放さず。ツンでもデレでもない。写真の塩梅が際立っている。写真の旨味たっぷり。これ、やりたくてもなかなかできない。見れば見るほどに、熊谷さんのすごさを実感してしまう。

広告