比較しようのない価値

やろうと思えば、いくらでも徹底的に比較検討して、最得・最安を探し、ほぼ納得ずくでお目当てを買える時代。

実際に足を運ぶまで具体的にどういうものかもわからず、生で現物を観てから、どんなものとも比較しようのない価値を見極め対価を払う。誰が何と言おうと、自分は今目の前にあるものの価値を認める。そういう買い物ができるものの一つに、プリント購入ってのがあるのかな。

最得や最安を目指すのもありだけど、比較ばかりしていると相対的な価値に左右されて軸を見失う。機会があれば、比較しようのない価値にお金を払ってみるのも良い経験だと思う。