写真集で話せる場所@book obscura

ひとり黙々と写真集に向き合うのも変えがたい時間だけど、写真集が好きな人と一冊の写真集をめくりながら、あれこれ読み解いていくのも楽しい。たまたま居合わせた人が興味を持って話の輪に加わるのも面白い。

写真一枚一枚に注目して、何が写っているのかを観察したり、撮影された時代、季節や時間帯について考察したりしてもいい。写真のシークエンスに目を向けて、どうしてこの組み方なんだろう、どうしてこの流れにしたのかと意見をかわすのもいい。造本、装丁について話すのもいい。感材や機材について触れてみてもいい。

また、同時代の写真集を俯瞰的に見比べたり、時系列に紐解いたりするのも楽しい。同じモチーフ ─ 例えはフリードランダーと森山大道の車窓とか ─ を見比べてみるのもいい。ロバート・フランクの「The Americans」のように、同じタイトルでも出版社が変われば編集が変わり、並びや画面サイズ、トリミングも変わることがある。「版」や「刷」が異なれば、同じ写真でも違いがあるかもしれない。

作家による製作意図やヒントが散りばめられていることもあれば、並びの妙だけで投げかけてくるものもある。深読みも厭わず、自ら問いを探して、用意されていない答えを見出す。これが楽しい。

その時その時、その人その人の経験や習熟度で答えは変わるだろうし、写真史や美術史を踏まえればまた読み方は変わり、さらに理解は深まって行く。

それができる場所のひとつに、古書店《book obscura》がある。店主の造詣の深さ、熱意、行動力、どれを取っても眼を見張る。誰よりも店主が最高に写真集が好きで、最高に楽しんでいる。こんな素敵な場所が近くにあるなんて、とても有難いことだよね。

広告