インベカヲリ☆写真展「ふあふあの隙間」@ニコンプラザ新宿 THE GALLERY

数年前に神保町画廊で初めてインベカヲリ☆さんの写真を見たときに、皮肉や滑稽さを含んだセットアップに興味を持って、写真集『やっぱ月帰るわ、私』を買った。

後々になって自分の好みとは合わないと感じつつも、なぜか手放さずに持っていた。古本屋に買い取ってもらおうとしても、最後の最後で選外になり、今でも本棚に立ててある。ある種の呪いのように思えて時折怖くなる。

インベさんの写真には、好奇心なんて甘っちょろいものは通り越した強欲をはらんでいて、迂闊に「こういうの面白い」とか「こんな写真好きだなあ」とかなんとなく言いづらい。いや、別に本人からしたら、好き勝手言ってもらっても構わないのだろうけど。

今回、写真とテキストを並べて展示してあった。デジタル出力の彩度が強調された写真の脇に、各々の被写体のエピソードが綴られている。時間はかかったが、すべて流し読みせずに回ってみた。写真と文との関係を考えざるを得ないけど、これはこれでありだなと思えた。にしても、このポップさがかえってズシリとのしかかる。

自分にも潜在的にこういう部分がありそうだなと。共感というより戸惑いというか、ん、いや、どうだろう…。小学校の頃は、下校途中、「駄菓子屋行こうぜー」ってなって、「行こう!」って応えたのに、家と駄菓子屋の分かれ目に差し掛かったとたん、「じゃまた明日!」って帰っちゃう感じの子だったな。

そんなことはさておき、結局また写真集を買ってしまった。『ふあふあの隙間』と『理想の猫じゃない』。はたして、この2冊は手放せない写真集となるのか、手放したくても離れなくなる写真集になるのか、恐ろしくも楽しみで、どうにもむず痒い。

そんな感情を掻き立てられてしまうことこそ、まんまとインベカヲリ☆という写真家の術中というか呪術にはまってしまっているのかもしれない。

広告