写真を通して。(4)

少し昔話。Leica M4 を使い始める。Black Chrome というモデルだ。

写真歴が浅い自分でも、作りのよさは感じる。

それにレンジファインダーの二重像は面白い。すうっと合致させたときの感覚は癖になる。

M5を挟んで、再生産されたこの頃のM4は「ロスジェネ」と言われているらしいが、まあ自分にとってはあまり関係が無い。

言わずもがなM4には露出計がついていないので、ゴッセンの単体露出計を片手に、チマチマと計測しながら、絞りとシャッタースピードを決める。

操作一つ一つが手探りで、ぎこちない。でも一つ一つが楽しかった。

しばらく近所のプリントショップ55で同時プリントを繰り返していた。撮る行為そのものに満足していて、その先は深く考えていなかった。

上がった写真は、「?」というのが多かったが、まあこんなもんかとも思った。

広告

写真を通して。(3)

3年くらい前の話。

Leica M4と出会う前、「GR Digital 2」に一目惚れをする。単なるぱっと見、外観が物欲をくすぐった。どうやら性能もいいらしい。その程度の知識だ。それでもカメラに一目惚れをするなんて経験は初めてだったし、自分の中でやたら盛り上がってしまって、通販で買った。

仕事でたまたまリコーのコンデジを使っていたが、ただ使っていたというレベル。写真のキホンなど知らないし、知ろうとも思っていない頃だ。ましてや、GRが高級コンパクトで名を馳せたことなど微塵も知らなかった。

とにかく撮った。パシャパシャ気楽にシャッターを切ってもそれなりに写るので、それだけで楽しかった。

単焦点レンズのことも、絞りやシャッタースピードも、ホワイトバランスもよーわからんままだった。でも何か撮れてしまうので、自分で写真がうまくなっていると明らかに勘違いをしていた。

その次に、手に入れたのが富士フイルムの「Natura Classica」だった。これがフィルムカメラのスタートと言える。

ISO1600はおろか、感度の意味すら知らない。あの独特の写りにおもしろみを感じただけだ。

今になってこの流れを見ると、「GR」や「ナチュラ」なんてずいぶんミーハーな手の出し方をしているな、と我ながら思う。

けっしてキヤノンやニコンではないのだ。その辺は写真部だったり、写真科出身とは訳が違う。素人の発想だった。

ナチュラで撮ったら、同時プリント。「あっ、自動補正無しでお願いします」なんて訳知り顔で注文した。

おもしろいんだけれど、よくわからないな、という想いがしばらく続く。

ライカと出会ってもそれは基本的に変わらなかった。

写真を通して。(1)

写真を撮る。写真を見る。写真を買う。

ここ2年くらいで、それらに深く関わり始めている。

子供の頃も、二十代も、三十代前半も、写真への興味は希薄だった。周りにカメラ小僧もいなかったし、鉄タクもいなかった。

写真の現像所でバイトをしていたことはあった。でも、断片的に興味は持っても、カメラや写真が好きになることはなかった。

父親は高校の頃に写真部だったらしい。「念写ばかりしてた。何かね、写ってるんだよ」とよくわからないことを言っていた。それも最近知った話しだ。

今思うと、きっかけになりそうなことはいくらでもあったかもしれない。今まで素通りしていただけだろう。

始まりはずっと後になってからだった…。