紫外線露光機作り 配線編

サイアノタイプに必要なUV露光機づくりの「配線編」。主な材料と工具は次の通り。

  1. 直管蛍光灯器具・グロースターター形(端子台付を推奨)
  2. ケミカルランプもしくはブラックライト
  3. 平型ビニールコード(2芯のVFFの単線もしくはより線)
  4. 圧着端子(より線の場合に先端に圧着する)
  5. 電源用補助コード(棒端子付きや中間スイッチ付きなど)
  6. 電工ペンチ(あると便利)
  7. 接続コネクタ(器具に端子台がない場合やスイッチ分岐させる場合など用)

蛍光灯器具の並列接続は、思っているより簡単にできる。おすすめなのは20w以上の直管蛍光灯器具・トラフ(傘なし)を購入すると良いと思う。ほとんどの器具に「端子台」というコードを配線する器具が標準で付いている。

この端子台の「電源」と「送り」の穴に「単線」か圧縮端子を着けた「より線」で接続するだけで並列が完了する。端子台は、4つの差込口があって、電源側と送り線側が2つずつある。電源線⇒送り線⇒電源線と順繰りに繋げれば完了。

参考図:端子台

そんなことを言っておきながら、今回はあくまでコンパクトにしたかったので、15Wを4灯だけ並べることにした。光量不足の心配はあったけど、使わない時の収納も考えてのことだ。いろいろ探すうちに、幸い15Wの蛍光灯器具には珍しく端子台付きがみつかった。

早速注文したところ、残念なことに差込口が2箇所しかない簡易タイプだった。これは予想外。サイトに「端子台付き」とあったので高を括ってしまった。そこで急遽ホームセンターで、WAGO製「差込コネクタ・5本用」を買ってきて対応する。この差込コネクタは複数のコードを簡単に並列接続できる優れもの。

なんかすんなり並列にできたような言いぶりだけど、これにたどり着く前に紆余曲折。直列にしてしまい電圧が足りずに1灯しかつかなかったり、電源を入れたままコードを変なところに触れさせてショートしてブレーカーが落ちたりしたこともあった。何事も経験だ。

蛍光灯はノーマルにケミカルランプにした。仕様的にはブラックライトのほうがいいかなとも思ったけど、分光分布を比較しても価格に見合うほど違いがなさそうだったし。

器具の間隔を狭くして、できるだけ光源ムラを減らしたかったので、グローは外に出っぱらないように、内側にひねって本体内に収まるようにした。切れたらカバーを外して交換すればいい。

というわけで、配線完了。


紫外線露光機づくり 箱組み編

紫外線露光機づくりは、1月に蛍光灯器具の配線が済んでからしばらくお休みしていた。「紫外線露光機づくり・配線編」での悪戦苦闘はすっかり投稿し忘れていたが、また今度覚書を残しておこうと思う。

そういうわけで、「配線編」をすっ飛ばして「箱組み編」となる。まあ、そろそろ暖かくなってきたし、箱でも作ろうかという感じで、春分の日をはさむ3連休を使って作業に取り掛かる。といっても、3日のうちの半日ほどで出来あがってしまったんだけど。

当初の計画では箱も木工の練習を兼ねて、焼き枠と同じハードメープル材を使ってしっかりしたものを作ろうかと思っていた。ただ、この計画が原因で諸準備に手間取ってしまい、予想より材料費もかさみそうなため、今回は安価なシナベニヤを使うことにした。シナなら無塗装でも見栄えが良いというメリットもある。

箱組みはいたってシンプルに。近所のホームセンターで板材をカットしてもらい、木ネジで留めただけ。9mm厚のシナベニヤに3.3mのスリムタイプの木ネジで留めた。木口の割れもなく大丈夫だった。

昨年暮れに、サイアノに詳しい方に露光機の実物を見せてもらい、いろいろと参考にさせてもらった。まず大切なのはできるだけ露光面と光源の距離を近くすること。それから内側は銀レフとしてアルミテープで覆った方が良いこと。紫外線は白レフではあまり反射効果が期待できないらしい。ゲレンデで雪焼けするのは、おそらく積もった雪は白レフじゃなくて銀レフに近い効果があるからかな、と今思った。白銀の世界って言うくらいだしね。どうなんだろう。

焼き枠のガラス面だけに紫外線が当たるようにしたくて、上蓋は家に余っていた無酸性紙のボードを二枚重ねにして、マットのようにくりぬいて作った。こちらの裏面にもアルミテープを貼る。これなら厚みも強度も充分だろう。もし早めにへたれてきたら木製も検討しようかな。

電源コード用の穴を空けたり、上蓋がズレないように桟を付けたりと、細かな仕上げをして完成。部屋にあるスチールラックにぴたりと収まるサイズにしたので、そのまま棚の中で露光もできるのでいい感じだ。

今回は焼き枠が上に乗るミニマムなサイズにしたかったので、15Wを4灯だけにしたが、これではどうも光量が足りないらしい。テスト次第では、もう1、2灯増設しても良いかもしれない。