井津建郎 写真展「ブータン 内なる聖地」@コニカミノルタプラザ

井津さんの作品はツァイトの展示以来で、その時は貴重な銀塩作品だった。今回は真骨頂のプラチナプリントの個展ということもあり、とても楽しみにしていた。バウハウスでのプラチナ作品の衝撃は今でもおぼえている。

コニカミノルタプラザは新宿高野ビルの4階にあるけど、フルーツ高野を抜けてエレベーターまでのわずかな時間が、いつも気まずい感じになるのは私だけだろうか。かといってGUCCIのフロアを通り抜ける勇気もない。あの導線はどうにかならないのかな。

さて、肝心の展示の話に。

4階のフロアに入ったとたん、いつものコニミノじゃない雰囲気を感じた。凛とした空気。でもそれは緊張をよぶものではなくて、むしろ心が静まって穏やかになっていく感じだった。メインの大きな看板以外、これといった演出はしていないようだった。でもこの感じなんだろう?

展示スペースへ向かう。今回はギャラリーBとCのふたつのスペースを使っての展示だった。順路入口の右脇でショートムービーが上映されていた。井津さん率いる撮影隊のドキュメンタリーだ。そこは後回しにして、まずはプリントを観ることに。

最初の1枚。次に2枚目。そして3枚目。嘆息…。言葉にならない。つきなみな褒め言葉では形容できない。それほど井津建郎さんのプラチナプリントは圧倒的な存在感を放っていた。会場の空気がいつもと違うと感じたのもうなずける。

ゆっくりと1枚ずつ堪能したいと思いながらも、次のプリントも早く観てみたいと気が急いてしまう。相容れない思いをなだめながら順に観賞した。それを3巡、4巡と繰り返す。14×20インチの密着焼きのプラチナプリントの立体感と連続階調に、ただただ惹きこまれた。

民族衣装の「キラ」を羽織るブータンの人たちがとても美しい。瞳に力強さを宿しながら、どこまでもやさしげで、どこまでも謙虚さにあふれている。あのワンチュク国王の姿もあった。2011年に国王が日本に外遊されたのは記憶に新しい。気品に満ち溢れた立ち居振る舞いをテレビで見ただけでも、その人柄がうかがえた。井津さんのプラチナプリントの写しだされた国王は、さらにその人格、風格がよく現れているように感じた。

ライフワークとなっている「聖地」への想いが、あますことなくプリントに封じ込められているようだ。井津建郎さんのプラチナプリントは、まさに高純度の白金そのもの。研ぎ澄まされた1枚は言語を超えてあらゆる人に伝わる気がした。

広告

井津建郎写真展「Eternal Light -永遠の光-」@ZEIT-FOTO SALON

京橋のツァイトフォトサロンで井津建郎さんの個展を観に行ってきた。

聞きしに勝る極上の銀塩プリントだった。

実はツァイトは初めて。日本で最古参の商業ギャラリーということは知ってはいたものの、気になる企画展もなんとなくスルーしてしまっていた。そこに井津建郎さんの個展開催が目に止まる。しかも、国内ではなかなかお目にかかれない銀塩作品とくれば、もう見に行くしかないだろう。

井津さんはニューヨーク在住の写真作家で、プラチナパラジウムプリントは世界的に定評がある。以前、御茶ノ水のギャラリーバウハウスでプラチナプリントを拝見したことがあり、壮大で美しいプリントに息を飲んだのを覚えている。

今回の銀塩も素晴らしかった。インドを二年以上掛けて丹念に撮影したシリーズで、一枚一枚がドラマチック。ダイナミックレンジの広いバライタプリントにうっとりする。土着の死生観を追ったドキュメンタリーであり、極上のファインアートだと思う。

とりわけ気になったのが、ガンジス河岸の火葬の写真。葬儀の形式はその土地の風習を如実に表す。モノクロの炎に自然と引き込まれた。

予算があれば購入したいプリントがあった。おそらく国内の販売価格はかなり抑えられているはずだ。それでも、残念ながら手が出なかった。またいつか国内での展示があれば、ぜひ検討したいと思う。これは巡り合わせというものがあって、予算だけでもないんだけど。

ちなみに、奥様の由美子さんもプラチナプリント作家であり、その繊細なプリントワークはご主人を凌ぐともいわれている。実際に「Noir」と「Blanc」のシリーズを初めて見た時は、しばらくその場を離れられなくなった。プラチナならではの連続階調を堪能するにはこれ以上無い作品ではないだろうか。

実はその奥様のプラチナプリントは一年ほど前に購入させていただいた。プラチナは自然光に映えると聞いたことがあるが、まさにその通りで、カーテン越しのプリントはいつまでも見ていられる。

いつかご夫婦のプリントが揃う日が来たらうれしいな。