下瀬信雄「結界」@銀座ニコンサロン

恥ずかしながら、下瀬信雄氏を知ったのは、今回の第34回土門拳賞を受賞してからのこと。氏は山口県萩市で写真館を営む傍ら、4×5判にモノクロフィルムで独自の視点で萩を撮り続けている。それも途方もないキャリアである。77年にはすでに銀座ニコンサロンで最初の展示をされている!

土門拳賞の一報を知り、こんな方がいらしたのかと驚いた。早速写真集「結界」を求めた。いわゆる風景写真とは違う。なんと言ってよいのかわからないけれど、「そう容易くないよ」、「知った風な口を利くもんじゃないよ」。そう言われている気がした。自然に媚びず、軽々しく礼讃せず、そんな感じだろうか。

今回の銀座ニコンサロンは受賞記念としての展示だった。精緻にとらえられたモノクロのプリントが静かに迫ってくる。もっと早く知っておきたかった。それでも遅ればせながらプリントを拝見できてよかった。

初めてお目にかかった下瀬さんは、とても穏やかで、どこまでも自然体で、少し照れ屋な一面もある魅力的な方だった。感じるのは謙虚さ。だからこそ、慣れ親しんだ萩を、「狎れる」ことなく、畏敬の想いで写真に収め続けることができるのではないだろうか。

最後に無理を言ってあるプリントを注文させていただいた。畏敬の想いを知る手本になればと思う。

広告

染谷學写真展「道の記II」@蒼穹舎

画像

染谷學さんの写真展に行ってきた。
展示があるたびに観に行かせて頂きたいと思う写真家のひとりである。

まず感じたのが、実にニュートラルであること。
ちょっと他では観られないニュートラルさがこの展示には漂っている。

前回の展示でも少なからず感じた事だけれど、
さらに純度が増したような気がした。

でも、そこには灰汁が残っている。

変な言い方かもしれないが、料理で例えるなら、
出汁が効いていると言うより、灰汁が残っている。

この感じがとても心地よくて、
それが染谷さんらしさなのかとも思った。

プリントはすばらしい。

本人はごく普通に焼いているだけとおっしゃっていた。
その普通がなかなかできない。

だいたいにおいて、普通は目指すものでもないし、
そうしようとしてもあれこれ欲が出る。

だからこそ、観るも焼くもプリントは底が知れなくて、
興味が尽きる事がないのかもしれない。

いつかは普通を焼けるようになりたい。

できたてほやほやの写真集「道の記」を買わせて頂いた。
これもまた楽しみなのである。